TOEIC800点のレベルってどのくらい?客観・主観の両方の視点から解説します!

800点目指すネコ

TOEICスコア800点を目指しているのだけど、

800点台の人のレベルってどのくらいなの?
英語力はどのくらい必要?

こんな疑問に答えます。

 

あなたはTOEICスコア800点を目指していると思います。

 

ただ800点って、どのくらいのレベルの英語力が必要なのかわからないですよね。
簡単なのか、難しいのか。問題のほとんどを理解できなければ取れないのか。

 

私も800点を目指していた時は、「何を」「どのくらい」勉強すれば良いのかわからずに、ただがむしゃらに問題を解いてました。
それでも結果として、TOEICで800点台を取ることに成功しました。

 

そのため今回は、

「TOEIC800点台のレベル」について書いていこうと思います。

 

「TOEIC公式や表・グラフによる客観性」
「私がTOEIC800点台を初めて取った時の記憶」をふまえてご紹介しますね!
  • TOEIC平均スコアと比較する800点のレベル
  • 800点台の人に求められる英語力
  • 800点を取るために必要な学習時間
  • 800点台のメリット(新卒・転職・社内評価において)
  • 私が800点台を取ったときの「理解度」「点数アップのコツ」
レイジ
TOEIC800点を取るための学習計画を立てる時の参考にしてください!

TOEICスコアの平均点

TOEIC800点台がどのくらいのレベルなのか、最近のTOEICの平均点と比較してみます!

 

下の表は2021年3月に行われた試験の平均点です。

 

2021/3/21 午前

リスニング リーディング 合計
平均スコア 335.1 279.7 614.8

2021/3/21 午後

リスニング リーディング 合計
平均スコア 330.1 277.7 607.8

出典:公開テスト 平均スコア・スコア分布 一覧|TOEIC Listening & Reading Test 公式データ・資料|【公式】TOEIC Program|IIBC

 

平均点は午前・午後ともに600点くらいなので、800点だと約200点ほど平均点より高いことになりますね。

スコア分布でも、800点以上の人は受験者全体の15%くらいでした。

 

800点を取得できた人は、「私はTOEIC上級者だ」と自信を持って言っていいレベルです!

レイジ
TOEIC初・中級者の人は「800点を取ること」を一つの目標として取り組むと頑張れますよ!

 

TOEIC公式による800点台の英語力

TOEICで800点台を取る人は「リスニング・リーディングの得点」がそれぞれ以下の範囲にいることが多いです。

  • リスニング:395~450
  • リーディング:370~440

 

TOEIC公式ホームページによると、上記の点数に分布する人の英語力は以下です。

リスニング

  • だいたいは理解できるが、あまり使用されない文法や語彙が使われる時のみ弱点が見られる。

リーディング

  • 「難しい語彙」「よく出てくる単語の普段使われない意味での使用、慣用句的な使い方」が理解できないことが多い。
  • 広い範囲の情報を関連づけることが難しい。

https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/guide04/guide04_02/score_descriptor.htmlより抜粋

 

800点台のスコアを持っている人は、リスニング・リーディングともに、「難しい語彙や文法がなければ、ほとんどの問題が解ける」というところでしょうか。

 

私は840点(2021/5月現在)のスコアを持っていますが、

リスニング問題の3割くらいは答えを推測して解いています。リーディングも細部まで理解できない問題が多いです(笑)。

 

公式サイトには、800点台周辺の人は「問題のほとんどが理解できる」的なことが書いてありましたが、「そこまで理解できなくても大丈夫!」と私は思います!

 

800点台になるために必要とされる学習時間

以下は、「TOEICスコアを100点上げるのに必要な勉強時間」がまとめられている表です。

TOEIC 点数アップに必要な勉強時間 表
参考:http://www.prolingua.co.jp/jjapanese/jjtoeic.html

 

この表によると、

あなたの現在のスコアが6,700点の場合、800点を取るのに必要な勉強時間は以下です。

  • 600点の場合は650時間
  • 700点の場合は350時間

 

仮に3ヶ月で800点を取りたいのならば、1日あたりに以下の時間勉強する必要があります。

  • 600点の場合は7.2時間
  • 700点の場合は3.8時間

これらを一つの目安として、学習のスケジュールを立てることをオススメします!

 

個人的には、やるべき学習を効率よくこなすことができれば、もっと短時間で得点アップが可能だと考えています。

関連記事

短期間で100点以上スコアアップできる勉強法を知りたい 確実に成果の出る参考書、問題集などを知りたい 100点以上スコアアップするための目安となる勉強時間を知りたい TOEIC学習のスケジュールの立て方を参考に[…]

TOEIC 2ヶ月 150点アップ 勉強法

 

TOEIC800点台のメリット

TOEICで800点台を取ることには、様々なメリットがあります。

ここでは「新卒での就活」「転職」「社内評価」の3つの視点からメリットをご紹介します!

 

「新卒での就活」に役立つ!

TOEICの点数は「新卒での就活」に役立ちます。

 

以下のグラフは、「企業が採用時にTOEICの点数を参考にするかどうか」のアンケート結果がまとめられたものです。

TOEIC 新入社員 平均点
出典:2019.10.09英語活用実態調査2019まとまる~企業・団体の英語の位置づけ・ビジネスパーソンの英語に対する意識等を発表~https://www.iibc-global.org/iibc/press/2019/p128.html

新卒採用のグラフを見てわかるように、半数近くの企業がTOEICの得点を参考にすると言っています。

また、「TOEICの得点が採用には不可欠だ」としている企業も4.2%いますね。

レイジ
「楽天」は入社時までにTOEIC800点を取る必要があることで有名ですね。

 

しかし「TOEICの点数を要件・参考にする」と言った企業の、新卒者に求めるスコアは「545点」とそこまで高くありません。

 

求められるハードルは低いですが、
800点台のスコアを持っていると、採用者側から頭一つ抜きんでた存在として注目を集めやすくなります!

 

それに、2019年度の新入社員のTOEIC平均点は488点なので、TOEIC800点は大きな武器になること間違いなしです!(参考:新入社員 TOEIC Listening & Reading 最新データ)

 

「転職」に役立つ!

TOEICのスコアはもちろん転職にも役立ちます!

 

先ほどと同じく「企業が採用時にTOEICの点数を参考にするかどうか」のグラフを見てください。

TOEIC 新入社員 平均点
出典:2019.10.09英語活用実態調査2019まとまる~企業・団体の英語の位置づけ・ビジネスパーソンの英語に対する意識等を発表~https://www.iibc-global.org/iibc/press/2019/p128.html

このグラフによると、中途での採用は、新卒時よりもTOEICのスコアを参考にすることが分かります。

求めるスコアも620点と新卒時よりも高いです。

 

人柄やポテンシャルで採用が決まりやすい「新卒採用」に比べて、

「中途採用」は実力や経験、持っている資格によって採用が決まりやすい傾向があります。

 

そのため、TOEIC800点は自分のスキルを示すための一つの手段になるでしょう。

転職できる職種の幅が広がることは間違いないです!

 

「社内評価」に役立つ!

TOEICのスコアは社内の昇進・昇格にも役立ちます!

 

以下の「企業が社員・職員に期待するTOEICの平均スコア」の表を見てください。

出典:2019.10.09英語活用実態調査2019まとまる~企業・団体の英語の位置づけ・ビジネスパーソンの英語に対する意識等を発表~https://www.iibc-global.org/iibc/press/2019/p128.html

この表によると、だいたい600点あれば、英語ができる人だと社内で評価されやすい傾向があります。

 

ただ、TOEIC600点は少し勉強すれば取れる人が多いです。実際TOEICの平均点も600点前後ですし。

ライバルも多いため、600点レベルだとあまり評価されにくいのではないかなと思います。

 

周りの社員と差別化して評価されるには、やはりTOEIC800は必要かなと。

800点があれば、海外部門で必要とされている690点も軽々と超えられますね!

レイジ
最近だと、TOEICスコアによってボーナス金がもらえる企業も多いですね。

 

私がTOEIC800点を取ったときの英語力

TOEIC 800 レベル

ここまで読んできたことで、あなたは「TOEIC800点の難易度や必要性」などについては知ることができたのではないでしょうか?

 

しかし、具体的にどの程度の英語力があれば、TOEIC800点を取ることができるのかはまだはっきりとしていないと思います。

 

なので私が800点台を取ったときの「問題の理解度」や「手応え」、「問題を解くコツ」について書いていこうと思います。

 

パート1から7まで順番に書いていきますね!

 

パート1

800点台を目指しているのであれば、パート1は全問正解したいところです。

 

私の場合、パート1はほとんどが聞き取れるのですが、6問に1問くらいは正解に自信が持てない問題に出会います。

そんな時はA〜Dの選択肢それぞれの文に、何かしら耳に残る単語があると思うので、その「単語」をもとに正解を導き出すようにしています。

 

TOEICの問題の場合、不正解の選択肢は正解と全く関係ないことを言っていることがほとんどです。

ひっかけ問題はほとんどないので、かろうじて聞き取れた単語だけで正解を導けることがよくありますよ。

レイジ
聞き取れなくても落ち着いて対応しましょう!

パート2

パート2は問題数が多く、最後の方は集中が切れやすいため、気を引き締めて取り組みましょう。

 

私はパート2ではいつも曖昧な問題が5問くらいあり、最後になるにつれて増えていきます。

 

ただパート2もパート1と同じく、難しい問題ほど、不正解の選択肢は全く見当違いなことを言っていることが多いです。

そのため、質問文を理解できなくても、冒頭の言葉(What,Why,When,Where,Do,Haveなど)を聞き取れさえすれば、答えを導くことができますよ。

レイジ
パート2は質問の冒頭に意識を向けることが大切!

パート3・4

800点台を取るためにはパート3・4でどれだけ正解できるかが鍵になってきます。

 

私の手応え的には「7割くらいは正解がわかるかなー」といったところ。

会話の冒頭や一番最後に、さらっと答えに関する内容が出てきた時は聞き逃してしまうことが多いです。

 

TOEIC800点を短期間で取りたいなら、他のどのパートよりも「パート3・4の学習時間を多めに取る」ことをオススメします!

実際、リスニング問題の半分以上はパート3・4ですし、リーディングに比べて得点が上がりやすい傾向にあります。

レイジ
完璧は目指さなくて良いので、聴き取れる単語を増やしていきましょう!

パート5

パート5はとにかく設問に時間を使いすぎないように意識しましょう。

 

私が模試で800点台のスコアを取る時は、10問に1問くらい間違えています。

本番での手応えもそのくらいかなと。

 

パート5では、文脈で解くしかない問題以外は「数秒〜20秒」で解けるように、文の構造と選択肢(品詞問題なのか、時制なのか、など)に着目することが大切です。

 

レイジ
「文の構造を意識した解き方」を短期間で身につけるには、『文法特急』で勉強するのがオススメです!
created by Rinker
¥935 (2022/09/29 06:34:21時点 楽天市場調べ-詳細)

 

パート6

パート6は、リーディングの中では点数を取りやすいパートだと思います。

間違えても1、2問くらいに留めておきたいです。実際、私も毎回そのくらいかなと。

 

「文法知識」と「長文読解力」の両方の力が必要になるので、全体的な英語力を鍛えることが大切です。

パート6対策として勉強に力を入れる必要は、特にないかなーと思います。

 

本番で正答率を上げるためには、「( )の前後だけはしっかりと読む」ようにしましょう。

パート7の時間を少しでも多くしたいため、文章全体は「文脈が取れる程度にさらっと読む」でOKです。

レイジ
パート6はパート5と7の学習をしていれば自然と正答率が上がってくると思います!

パート7

TOEICで800点を取れるかどうかは、「すべてパート7の出来によって決まる」と言っても過言ではありません。

 

800点を取るためには、最後の問題までしっかり解ききることを意識しましょう。

 

とはいえ、

私が840点を取った時は、試験終了の10秒前に解き終わりました(ギリギリ)。

また、正解に自信が持てない問題も多かったのですが、意外と解けていたんだなと(参考にならなくてすいません・・・)。

 

文章が完璧に読めなくても、正解の選択肢は一つだけです。

選択肢の一つ一つを消去法で照らし合わせてみたら、答えは意外と見つかります。

 

しかし、消去法で問題を解こうとすると時間がかかるため、パート5・6でいかに貯金できるかが大切です。

レイジ
パート7を制するためには、とにかく毎日たくさんの英文を読みましょう!

まとめ

今回は、「TOEIC800点のレベル」についてご紹介しました。

 

最後まで読んでくださったあなたなら、TOEIC800点は

「決して簡単に取れるスコアではないものの、少し努力すれば意外といけるんじゃ?」

と思っていただけたのではないでしょうか。

 

最後に一つアドバイスをするならば、

800点レベルを目指すためには、

難しい単語を覚えたりするよりも、基礎的なTOEIC学習を積み重ねるようにしてください。

  • TOEIC必須単語を完璧にする
  • 基礎文法は一通り理解する
  • 問題集を何度も解く、復習をしっかりとおこなう
  • 毎日リスニング、リーディングを行う

これらを継続していれば、絶対にTOEIC800点は取れます。

 

あなたの成功を応援しています!

関連記事

短期間で100点以上スコアアップできる勉強法を知りたい 確実に成果の出る参考書、問題集などを知りたい 100点以上スコアアップするための目安となる勉強時間を知りたい TOEIC学習のスケジュールの立て方を参考に[…]

TOEIC 2ヶ月 150点アップ 勉強法

 

TOEIC 800 レベル
最新情報をチェックしよう!