【経年変化】CORBO.のパスケースを2年間使ってみた結果

レザー好きネコ
『CORBO.』のアイテムが欲しいのだけど、どんな経年変化をするの???

こんな疑問に答えます。

 

今回はタイトル通り、『CORBO.』というレザーブランドのパスケースを2年間使ったので、その経年変化についてご紹介したいと思います!

 

『CORBO.』の商品が気になっていて、使っていくうちにどんな雰囲気になっていくのか、知りたいあなたは、ぜひ読み進めてみてください。

 

CORBO.(コルボ)とはどんなブランド?

CORBO. 財布

渋谷区の神宮前に店舗を構える、革製品専門のブランド。

 

「CORBO.」にはカラスという意味があります。

ブランドデザイナー兼、オーナーである古瀬さんは、

「カラスという鳥は自然の大きな輪からはみ出ることなく、柔軟な知恵で強靭な自然のペースを貫いているように見える」と述べています。

 

CORBO.はカラスのように、自然のペースを大切にしつつ、ゆっくりとした時間の中で職人や周りの人々と共鳴しあい、楽しくストレートなものづくりを目指しているブランドです。

 

レイジ
製品は一点一点手作りで、クオリティも一流ですよ。

CORBO.のパスケースの経年変化

私の使っている『CORBO.』のパスケースが使い始めてから2年間経ったので、経年変化について書いていきます。

 

まず、使い始める前の写真がこちら。

corbo パスケース 使用前

最初はパスケース全体が白っぽく、カサカサしている状態でした。

革も硬く、パリパリっとした感じ。

 

「これから育てていくぞ!」という気持ちにさせられる雰囲気もありましたね。

 

レイジ
(1枚しかちゃんとした写真が残っていなかった。。。)

 

そして、2年後の現在(2021/6)の状態がこちら。

corbo パスケース 2年使用 経年変化

corbo パスケース 経年変化

どうでしょうか?

結構ツヤツヤとした光沢感があり、渋い色へと変わってきている感じがわかるかと思います。

 

裏面はこんな感じ。

corbo パスケース 経年変化 裏側

裏面の方が光沢感が強いかなーという印象で、光を当てるとものすごく反射しますね

 

2年間で手入れは1,2度しかしていなかったですが、良い感じに育ってきたと感じています。

ただ2年間も使うと、さすがに汚れが目立ってきそうなので、一度しっかりとしたケアを行わねば。

corbo パスケース 経年変化

内側にはCORBO.の刻印がしっかりと入っています。

 

CORBO.の製品は、店舗に持っていくか、送ることで、メンテナンスや修理を行ってもらうことができるため、仮に革が傷んだり、汚れた場合でも安心です。

 

品質も申し分なく、長く愛用できる革製品が欲しいあなたには『CORBO.』を強くおすすめします!

 

私はこのパスケースを10年使うことを目標に、これからも愛用していきたいと思います。

 

CORBO.には他にもこんな商品があります

『CORBO.』の製品は、パスケースの他にもたくさんの種類があります。

 

corbo 財布 三つ折り

たとえば財布は、ファスナー式や折り畳み、二つ折り、三つ折りなどさまざまなタイプのものがあり、どれも経年変化を楽しめる革となっています。(上記は三つ折り財布)

 

他にも「バッグ」「名刺入れ」「ブックカバー」などもあり、どれも一流の職人が一点一点手作りで作っています。

 

もっとCORBO.製品を知りたいあなたは、他の商品もぜひチェックしてみてください!

 

まとめ

CORBO. パスケース 経年変化

今回はCORBO.のパスケースを2年間使用した経年変化についてまとめました。

 

改めて革製品は、たくさん使えば使うほどかっこよく、良い風合いが出てくるものなんだと実感しました。

 

しかしそれは良い素材と作り手がいるから、価値のあるものに変わっていくわけであり、適当な安い製品ではただ劣化していくだけです。

 

もしあなたが本当に長く、革製品を愛用していきたいと感じているのならば、『CORBO.』のように信頼と実績のあるブランドのものを購入することをおすすめします!

 

楽しく革製品を育てていきましょう!!

 

関連記事

財布欲しいネコ 「RUBATO & Co」の財布が気になっているのだけど 特徴やおすすめのポイントを知りたい! こんな疑問に答えます。   今回はタイトル通り、「RUB[…]

RUBATO & Co 財布
CORBO. パスケース 経年変化 タイトル
最新情報をチェックしよう!